このページの本文へ

奈良県医労連について

医労連が全力で取り組んでいること

奈良県医労連は、病院や診療所、介護(老人保健施設や特養ホーム)・福祉の職場で働くみなさんの「労働組合]です。みんなの力をあわせて賃金・労働条件、雇用や権利を守ると共に、地域の医療・介護・福祉を良くする活動に全力でとりくんでいます。

私たちはこんなことを要求しています

  1. 医療・介護・福祉労働者の生活と労働の実態にもとづく賃金の引き上げ
  2. 看護職員をはじめすべての職種の大幅増員、労働条件の改善
  3. 夜勤体制・看護体制の「合理化」反対、行き届いた看護の実現
  4. 看護制度の一本化、准看護師全員の看護師への即時切り替え
  5. 国公立をはじめすべての医療機関の統廃合・縮小反対、地域医療・福祉の拡充

医療・福祉をまもりたいから...

患者さんに安全・安心の医療・看護を提供することと働く者の労働条件向上を結びつけ、職種・テーマ別に情報交換や研究発表、講演会などをおこなう「医療研究集会」を開催しています。「介護セミナー」も連続して開催しています。 また、診療報酬・介護報酬など国の制度で規制されること多いことから、奈良県交渉や政府・厚生労働省に対しても要求を提出し、交渉をしています。

青年の交流、平和を守る運動も

いろいろな病院や介護・福祉施設で働く同じ世代の人と出会い、語り、遊び、友達をつくる元気あふれる青年の集会をおこなっています。また、国民のいのちと健康・介護・福祉を守るには平和でなければなりません。「再び、白衣を戦場の血で汚さない」の決意で憲法9条の平和条項などを守る運動にもとりくんでいます。

患者さん、利用者さんのため、そして自分のために

「もっと話しを聞いてあげたい」、「お風呂にもゆっくり入れてあげたい」、「安全でおいしい食事をつくりたい」......これらは患者さん、利用者さんに良い医療・看護・介護をしたい、良い仕事をしたいという誰もがもっている願いです。 「給料や休み、そして人手を増やしてほしい」、「結婚しても、子どもが生まれても働き続けたい」、健康で達成感のある仕事をするために、医療・介護・福祉まで医労連の多くの仲間があなたといっしょに考え、行動します。あなたもぜひ!!